コロナ禍でも箱根駅伝は開催されるのか?中止になるのか?

来年の箱根駅伝は開催されるのか?

様々な大会やイベントが中止になり

生井
生井
箱根駅伝も中止になるのでは?

っと、

にわかに話題になってきました。

私の予想になりますが…

結論から申し上げますと

中止になると思います。

理由としては

人気があるから!

 

 

具体的に言うと…

人気があり過ぎて

多過ぎる沿道の観客コントロールが出来ないから!

です。

ロードレースは中止、トラック競技は開催

出雲駅伝から始まり、奥多摩駅伝、全日本中学駅伝、都道府県対抗駅伝が中止になりました。

全てコロナにより開催不可です。

ロードレース系はコロナが流行して以降、名古屋ウィメンズマラソンを最後に大規模なマラソン大会は中止になっているはずです。(わたしが知る限り)

しかし、トラック競技に限ると、ホクレンディスタンス、東京選手権、SEIKOスーパー陸上、日本インカレなどなどコロナ禍でもボチボチ開催されるようになりました。

生井
生井
因みに日本記録をはじめ、好記録が続出してます。

秋と冬に行われる日本選手権も現在のところ開催予定です。

この差を何か?

って言うと

観客をコントロール出来るか?

だと思うんですよ。

競技自体は感染リスクって少ないはずなんです。向かい合う事もないですし。

だから、リスクは移動観客だと思うんですよね。

トラック競技はコントロール出来る

で、

トラック競技なら観客数の規制が出来ます。

観客数を制限したり極端な話をすれば無観客でも開催する事が出来るんです。

なので各地で開催していると思うんですよ。

ただ、公道を使う駅伝やマラソンはそうはいきません。

「お願いする事」は出来ても「規制する事」は出来ないからです。例え緊急事態宣言が発動されても無理です。

因みに箱根駅伝の予選会が開催出来るのは

立川駐屯地の周回コースで無観客で実施するからです。

多分例年通りのコースであれば開催は難しかったと思います。

生井
生井
なので観客をコントロール出来る(又は観客がほとんどない)ロードレースは開催出来ると思います。

箱根駅伝は特に半端ない

箱根駅伝の沿道は他の駅伝と比べて観客数が半端ないです。

走った私が言うのだから間違いありません。歓声が止まる事はなかったし、音が響く感じです。(選手側からすると有り難い限りです。)

他の駅伝とは段違いです。

生井
生井
東京から神奈川県にかかる六郷橋だけは観客がいないので静かなのですが他は物凄い声援です。

ただ、地鳴り歓声が鳴り止まないと言う事は、大量の飛沫が飛び交うと言う事です。

100万人を超える人が密の状態でこれをやるのが大丈夫なのかと言われると微妙なところです。

これを世間が許してくれるかと言えば…

多分無理!

日本人は特に「0リスク思考」の方が多いです。

なので中止になると予想をしました。

開催するとしたら

開催出来るとしたら、コロナウイルスが収束する事です。

現在のところ7月末をピークに感染者数が減ってきてます。もし仮にこのまま減少傾向にあれば開催出来るかもしれません。

0になるのは無理だとしても

例えば一桁とか二桁に収める事が出来れば開催可能かもしれません。

ただ、これから秋、冬にかけてインフルエンザをはじめウイルスが元気になる時期です。

恐らくワクチンも年内には間に合わないでしょう。

なので、コロナウイルスが収束するかと言えば難しいかもしれません。

生井
生井
全部、私の勝手な予想です。どうなるかは全くわかりません。

予想に反して開催される事を願ってます。

私って仕事は私情では絶対休まないんですよ!

祝日でも休まずに行っているのですが1月2日と1月3日だけはお休みを頂いているのです。

何故か?

そう

箱根駅伝が見たいからです!

1年の楽しみなんです。

もしも中止となったらお正月の楽しみがなくなります。

だから、出来たら

予想に反して

開催して欲しい!

そんな事を言うと

オッサンマン
オッサンマン
箱根駅伝が開催されなくたって死ぬ事はないだろう!
我慢しろ!もし、開催してクラスターになったら亡くなる方だって出るんだぞ!

とか言われるかもしれません。

ただ、これは言わないで欲しいです。

確かに箱根駅伝が中止になったとしても

死ぬ人は居ないと思います。

選手も箱根駅伝が走れないからと言って自殺をする人は居ないでしょう。

私も箱根駅伝が見れないからと言って死にません。

だから確かにおっしゃる通りなのですが

正しいかどうかと言えば正しいんですがそうではないと思うんです(意味不明)

何故かというと

「何も出来ない世の中」になってしまうような気がするからです。

そもそもこの世の中に「0リスク」なんて多分ありません。

何かをすれば、それなりのリスクがあります。

モノを食べれば喉に詰まる事だってあります。

もちろん、あまりにもコロナが流行していれば中止にするべきだと思いますが

簡単には中止にしないで欲しいのが私の願いです。

 

ブログ更新をお知らせします!Twitterをフォローして下さい!