緩い5つの失敗談

突然ですがランナー鍼灸院を開業してから「失敗した事」をブログに書いていこうと思います。

何故、そんな事をするかと言うとブログにするネタが切れたからです。

で、「何が良いネタないかな?」って考えた時に

生井
生井
失敗談でも書くか…

と、なった訳です。

何故「失敗談」かと言うと

失敗談は人の為になるからです。

失敗談は為になる

私が学生の時に神奈川衛生学園で町田先生って方がいたんですが、私は凄く尊敬してたんです。

どうしてかと言うと授業で失敗談をしてくれたからです。

普通は先生って失敗談をしないんですよ。逆に自慢話とかして学生相手にマウントをとってきたする先生もいます。

生井
生井
特別授業で3時間中、2時間くらい自慢話する先生もいました。
その先生には大変失礼なんですが成功談とか自慢話って何のためにもならないんですよね。

生井
生井
そんな事より技術や理論を教えろよって感じです。

逆に失敗談は為になる。

町田先生は「老人の背中を強く押して骨折をさせた」と言う失敗談をしてくれましたが、私はこの話を聞いたから同じ失敗をしていないのかもしれません。

生井
生井
俺は気を付けよう
っとなるからです。

なので私も尊敬する町田先生を見習って

失敗した!!。って事をブログに書こう!!と思い今に至りました。

生井
生井
失敗談を書く事によってこれから開業する人の為になるかもしれないので…

大失敗はないので…

と、言ってはみたものの…

良いのか悪いのか開業をしてから大きな失敗ってないんですよね。

トラブルは一回あったんですけど大失敗はないんですよ。

ウソじゃなくて本当に大きな失敗がないんですよね。(今のところ)

生井
生井
これじゃブログに書けないな…
となってしまうので
小さな失敗を5つ挙げて緩く過去の自分を叩いていきたいと思います。

過去の緩い失敗は下記の5つです。

  1. ホームページ
  2. パンフレットと名刺
  3. 屋号(ランナー鍼灸院)
  4. 確定申告
  5. 〇〇さんとの確執

ブログネタがなくなると嫌なのでゆっくりと更新していきたいと思います。

第一弾はこちら↓↓

第2弾はこちら↓↓

 

 

 

ブログ更新をお知らせします!Twitterをフォローして下さい!