前澤友作(ZOZO前社長)のお見合い企画で閃いた事

アベマTVの企画で前澤友作さん(ZOZO前社長)がお見合い相手を募集されているそうです。

このニュースを聞いてですね、私は思いました。

とんでもない方が婚活市場に現れたな!
生井
生井
強力なライバルが出現です!

最強スペックな前澤友作さん

以前に「結婚出来ない男」の桑野さんが超高スペックとブログに書きましたが、

それ以上の人物が現れたかもしれません。

なにしろ総資産額が2000億円以上ですからね。流石の桑野さんもこの数字には太刀打ち出来ません。

一般男性の平均年収が500万円と言われている時代です。お金だけで言えば対抗出来る日本人ってホント数人しかいないのではないでしょうか?

 

どれくらいの応募が来るのか?

さて、前澤友作さんにはどれくらいの応募(お申込み)が来るのでしょうか?

結婚相談所とかだと一般的には男性だと50人くらいくれば人気銘柄ですが、今回はあの前澤友作さんです。しかも全国規模の募集で、募集条件もそれほど厳しくはないので、かなりの数の応募がくることでしょう。

私の予想だと通常の100倍、ズバリ5000人以上はくると思います。1万人とか2万人だって十分にあり得ます。

 

「いやいやそんなこねーよ。バーカ。

金持ってるだけじゃねーか。」

と、ツッコミがきそうですが。

前澤友作さんは

お金を持っているだけではありません!

あれだけのお金を作るってめちゃくちゃ凄い事ですから。地頭が良いのと企画力や発想力、人望、人脈、他にも色々と備わってないと無理です。色々な能力が高レベルで揃っているのです。

あと最大の魅力は

一緒に居たら面白そう!

いや、絶対に面白い!

普通、月に旅行なんて行けないし、プライベートジェットでワールドカップ決勝観に行けないし…。

とにかく日常がワクワクしそう!

私が20歳以上の女性なら、まず間違いなく応募してます。ダメ元で!

 

一般人が募集したらどうなるのだろうか?

で、思ったんですが、

もちろん、前澤友作さんがすればこの企画は成立するのですが、

一般人がインターネットでお見合い相手を募集したらどうなるのだろうか?

例えば

インターネットで募集して相手が見つかれば、ものすごく効率が良いと思うのです。

そこで独身男評論家のS君に相談する事にしました。

彼は一生独身を決めているのに、何故か結婚関係に超詳しい男です。

自他ともに認める、この分野のスペシャリストでございます。

相談するなら彼しかいません。

早速聞いてみます。

生井
生井
もし俺が前澤社長みたくお見合い相手募集したら成立するかな?
無理。不可能。絶対。止めとけ
S君
S君

世間一般の信頼がないと成立しない

結論

無理、不可能

だそうです。

何故ならば

信頼がないから!

世間一般の信頼がないと成立しないそうです。

前澤さんの場合は認知度もあって、日本国民からどういう人間かというのがわかっている。

つまり信頼、信用があるから募集が集まる。(もちろん高スペックなのもあるけど…)

ただし、私の場合は

誰、お前?

知らない。

怪しい、無理、となる訳です。

悪あがきでこっそり募集してみます

と、言われて見れば最もな意見でございました。

まさにS君の言う通りでございます。

かなり良いアイデアだと思ったんですけどね…。

残念です。

 

ただ、悪あがきで

こっそりお見合い写真だけ載せておきます。(応募待ってます)

生井
生井
仕事だけはとっても順調です!(アピールポイント)

ブログ更新をお知らせします!Twitterをフォローして下さい!